クローバーズオーシャン

恩納村の海、青の洞窟での体験ダイビング【年中無休】
TEL:090-5382-0766 または 050-3699-7367

よくある質問

ダイビングで必要な器材

水中の世界を堪能するためには、ダイビングが最適です。沖縄へ旅行するなら体験ダイビングも計画に盛り込んでみてください。
沖縄県でも有数のダイビングスポット、恩納村。当店はそんな恩納村にあるダイビングショップです。10才から可能なダイビングツアーもご用意していますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
当店ではベテランのダイバーが動向して体験ダイビングを楽しんでいただけますが、安全なダイビングを行うためにも器材は自分に合ったものを選びましょう。
こちらでは、ダイビングの際に必要な器材と選ぶポイントについてご紹介します。

ウェットスーツ

ダイバーは水着ではなく、全身を包み込むウェットスーツを身に付けます。水中深く潜ると太陽の光が届かず、水温はとても低くなります。体温を守るため、また怪我を防止するためにもウェットスーツは重要です。
体にフィットしたものでないと水が出入りし体温を奪ってしまうので、自分の体にフィットしたものを探しましょう。

マスク

水中での視野を良好にするために使用するマスクは、サイズが大きいと水が入ってくる事もあります。水中で突然水が入ってくるとパニックに陥るケースもあり、非常に危険です。体験ダイビングではきちんと水の抜き方のレッスンも行いますので、習った事を思い出して適切に処理しましょう。
度付きのマスクもあるので、視力の悪い方でも水中の綺麗な世界を見逃す心配はありません。

フィン

足に着けるヒレの事です。フィンがあるのとないのとでは水中での移動スピードが格段に違います。大きい方がスピードは出ますが、その分体力も使うので、脚力に合わせて大きさや柔らかさを選びます。

シュノーケル

水面付近で水中に顔を付けながら呼吸をする際に使用します。J型、ラップアラウンド型、排水弁付きと様々な種類があります。排水弁付きシュノーケルは中に水が入ってきても楽に排水する事が出来るので、初心者にオススメです。

タンク

空気が入っており、背中に背負って水中に潜ります。タンクの中に空気がなくなると呼吸が出来なくなり危険です。レギュレーターから供給され、口に加える事で空気を取り込みます。タンクに空気があってもレギュレーターに不備があると空気が供給されないので、きちんと機能しているかを確認しましょう。

 

ゲージ

タンクの中にある空気の残りや水深、方向を知らせる計器をまとめたものをゲージといいます。
安全に潜る事の出来る時間の目安にもなります。

ダイバーズウォッチ

水中では時間の感覚も分からなくなるため、時計は必須です。現在の時刻だけでなく、潜ってからの経過時間も計る事が出来ます。

その他にもダイビングには多くのアクセサリ、器材があります。
当店では初心者でも安全に楽しむ事の出来る体験ダイビングが出来ます。恩納村の美しい海が見られる最高のポイントでダイビングしてはいかがでしょうか。

クローバーズオーシャン
〒904-0415 沖縄県国頭郡恩納村仲泊102

【事業内容】
ダイビングスクール、ガイド
体験ダイビング、シュノーケリングガイド

【お客様へ】
沖縄の海を満喫しちゃおう!初心者大歓迎!
ダイビングやシュノーケルに興味のある方はまずお問い合わせください!