クローバーズオーシャン

恩納村の海、青の洞窟での体験ダイビング【年中無休】
TEL:090-5382-0766 または 050-3699-7367

よくある質問

ダイビングに必要な耳抜き

耳抜きの必要性

水中深くに潜ると耳鳴りのように耳の奥で「キーン」という音が響いた、または飛行機で耳が痛くなるという経験をした事はありませんか。どちらも気圧・水圧の変化により、鼓膜が圧迫されているのが原因です。
耳と鼻を繋ぐ管が閉じているため、気圧にずれが生じて痛みが発生してしまいます。耳抜きをする事でこの閉じた管を動かし、鼓膜の内側と外側の気圧を同じにします。
耳が痛い状態で水中にいても、美しい青の洞窟や海中の生き物を心から楽しむ事が出来ません。

では、この耳抜きをしないまま水中深く潜ってしまうとどうなるのでしょうか。
鼓膜の中と外で気圧が異なるので、鼓膜に負荷がかかります。鼓膜の内部にリンパ液などがたまり中耳炎になってしまいます。速く潜ると最悪の場合、鼓膜が破れてしまう事もあります。
水中に潜る際だけでなく、浮上する際にも圧の変化があるので耳抜きは必須です。

耳抜きのコツ

しかし耳抜きがうまく出来ないという方も少なくありません。
耳抜きが出来ない原因は2つ考えられます。1つは生まれつき管が細い、もう1つの理由は緊張のために硬くなっているという事が挙げられます。
耳抜きが苦手な人も、様々な方法を試して自分のやりやすい耳抜き方法を見つけましょう。

1.鼻をつまんで空気を送る
耳抜きをするためには鼻をつまんで耳に空気を送る方法が広く知られています。鼻をつまんだ状態で鼻をかむようにして圧をかけます。
この時にしっかりと鼻をつまんでおかないと、鼻から空気が抜けてうまく耳に空気を送り込めません。
また、勢い良く空気を送ると耳が傷ついてしまうので、ゆっくり行いましょう。

2.鼻をつまんで顎を動かす
鼻をつまんだ状態で顎を左右に動かします。そうする事で耳の空間に空気が贈りこまれます。
ダイビングをする前に、ガムを噛む、飴を舐めるなどして顎を動かし、唾を飲み込む動作をしておくと、耳抜きがしやすくなります。

3.鼻をつまんで唾を飲み込む
唾を飲み込むと耳管が動き、空気が入ります。空気を送り込むよりも耳への負担が少なく、安全に耳抜きをする事が可能です。ベテランになると唾を飲み込むだけで耳抜きを行えます。鼻をつまむなどの動作を省けますのでより手軽に行えます。ダイビング中に手をとめる事もないので、頻繁にダイビングをするのなら覚えておきたい方法です。

耳抜きが苦手な方は水面で一度耳抜きをしてから潜りましょう。そうする事で水中での耳抜きもスムーズに行えるようになります。
耳抜きが出来なかったら無理には潜らず、その場にとどまり耳抜きをしてから進みます。耳が痛いと感じた時では遅いので、耳に違和感がある時にすぐ行いましょう。
体験ダイビングで耳が痛くなったら、すぐにインストラクターに知らせてください。無理は禁物です。
せっかくのダイビングポイントを心から楽しむなら、耳抜きをマスターしましょう。

クローバーズオーシャン
〒904-0415 沖縄県国頭郡恩納村仲泊102

【事業内容】
ダイビングスクール、ガイド
体験ダイビング、シュノーケリングガイド

【お客様へ】
沖縄の海を満喫しちゃおう!初心者大歓迎!
ダイビングやシュノーケルに興味のある方はまずお問い合わせください!